ゴイサギ日記

東京でエンジニアとして頑張って何とか生きてます。。ゆる~く更新していきます

【Unity】UI開発 おまけ

前回の記事に入り切らなかったやつです。

Image

Raycast Target

タッチ制御が無いなら、無駄に計算処理が走るだけなので外しておくと良いです。

Cull Transparent Mesh

チェックを入れるとα値が0なら頂点データを転送しなくなります。

Animator

複雑なアニメーションを設定する時は Animator を使って制御するのが楽ですが、こちらにも書かれているように、常にCanvasを更新するので、Animatorは一時的なUI演出などに使うのが良いです。

Shader

左右や上下に揺れるなど周期性のある動きはシェーダで表現するのも手です。GPUで処理するためCanvasの更新も走らないです。

こういう表現とか面白いですよね。 baba-s.hatenablog.com